緻密すぎるストーリーに狂気すら感じるSF群像劇|十三機兵防衛圏

緻密すぎるストーリーに狂気すら感じるSF群像劇|十三機兵防衛圏

記憶を消してプレイしたいゲームを1つ選べ、と言われたら、私は間違いなく「十三機兵防衛圏」を挙げると思う。

「十三機兵防衛圏」は、突如日常を破壊した ”怪獣” に抗うため、13人の少年少女が戦闘用大型ロボット ”機兵” に乗って戦う物語。

令和の名作として名高い本作ですが、何よりの魅力はその壮大なストーリー。SF作品としても群像劇作品としても飛び抜けた完成度で、これ以上のシナリオの作品はちょっとすぐには名前があげられないほどです。

なにせ、13人のメインキャラそれぞれの物語が独立していて、けれど彼らの関係性や思惑は複雑に絡みあっていて。その裏側には世界観を構築するいくつもの謎があって。

ストーリーを進めるごとにそれらが少しずつ紐解かれていくのですが、「誰の物語を、どの順序で進めるか」によって受ける印象が大きく変わるので、プレイヤーごとに唯一無二のプレイ体験が得られるのです。

考察しながら少しずつ物語を読み解いていくのが好きな人にはたまらない作品。今回はそんな「十三機兵防衛圏」について、ネタバレを避けて紹介したいと思います。

十三機兵防衛圏

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

十三機兵防衛圏は、「オーディンスフィア」などを手掛けたヴァニラウェアが開発し、2019年11月28日にアトラスから発売されたアドベンチャーゲーム。

初出はPS4ですが、2022年にSwitch版も発売されました。

十三機兵防衛圏:モード選択画面
  • 世界を破壊する ”怪獣” との戦闘を行う「崩壊編」
  • 13人が機兵に乗り込むまでの物語を描いた「追想編」
  • シナリオを補完するアーカイブが読める「究明編」

の3つのモードからなるシステムで、基本的には「崩壊編」と「追想編」から物語を進めていきます。

“十三人十三色”のシナリオ「追想編」

十三機兵防衛圏「追想編」:キャラクター選択画面

「追想編」の物語はキャラクターごとに好きな順序で進行が可能。

世界観や人間関係、時系列など、キャラによって明らかになっていく情報が違うので、『誰から、どの順序で話を進めていくのか』によって、ストーリー全体の見方がガラリと変わります。

各シナリオの雰囲気もまるで違ったものになっており、SF、ミステリー、ループもの、スパイアクション、焼きそばパン(焼きそばパン?)とバリエーション豊か。

それも、ただテイストを変えただけではなく、キャラごとに個別の主題・目的・思惑が軸になって話が展開されていきます。

たとえば、

主人公の一人・鞍部十郎は、連日奇妙な夢を見ている。それは自身が荒れ果てた近未来都市で、クラスメートの冬坂五百里とともに破壊工作員として暗躍している姿だった。五百里も同様の夢を見ているけれど、細部の展開が十郎のものとは異なるらしい。

そんなある日、保健室で見つけた「和泉」十郎のカルテ。包帯姿の先輩からも「和泉」と呼びかけられ、自分の記憶に違和感を覚え始める。
奇妙な夢と生活に悩む放課後、十郎は突如街に出現した”機兵”に遭遇する-

十三機兵防衛圏「追想編」:十郎と機兵
記憶にまつわる謎の解明が中心になる十郎編

いっぽう、冬坂五百里のストーリーはというと、こちらは一転してラブコメ調の味付け。

「奇妙な夢」に関する内容を中心にしつつも、登校中に出会ったミステリアスな青年・関ヶ原瑛への片思いが大きく描かれています。

十三機兵防衛圏「追想編」:イオリと瑛
「彼のことをもっと知りたい」が原動力の五百里編

出会い頭の恋、放課後に友達と食べるクレープ。そんな女子高生らしさ満開の華やかな日常から切り離されるように迷い込んだ、夢で見た崩壊した近未来都市で、再びあの日出会った彼-関ヶ原瑛に出会う。

瑛の秘密に近づくにつれ、世界の根幹ともいえる大きな謎に巻き込まれていく

……と、直接関わりのあるキャラクーだけでも描かれ方が全く違って、群像劇としてのクオリティは段違いです。それぞれのストーリーで出た情報同士が噛み合って、「もしかしてこういうこと?!」とストーリー全体の絵が見えてきた時の感覚はたまりません。

とはいっても、一筋縄ではいかないのが「十三機兵」のすごいところ。

だいたいの予想はその直後に裏切られたり、さらなる謎が飛び出してきたり。しっかり全員分、最後の最後、100%まで物語を進めないと全貌はわからないようになっています。

13人分のシナリオが互いの情報を補完したり謎を深めあったりしている

一人でも欠けるとわからない。98%でも不十分。作品によっては、ある程度進めた時点で「ああ、こういうことかな」と、答え合わせのような心境になることもある中、ここまで先を読ませない話作りは圧巻です。

(設定資料集を読みましたが、本気で頭の中身が見てみたいレベルの複雑な時系列・シナリオ構成でした)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

襲い来る敵から仲間と拠点を守る「崩壊編」

「追想編」同様に物語の重要な位置を占めるのが「崩壊編」

こちらはアドベンチャーパートの「追想編」から一転して、リアルタイムで進行するタワーディフェンス系のシミュレーションバトルです。

十三機兵防衛圏「崩壊編」:戦闘画面

崩壊編では、13人の機兵搭乗者から最大6人を選んで、侵攻してくる敵から拠点「ターミナル」を防衛する戦いに挑みます。

戦闘難易度は序盤は低めで、終盤は物語の盛り上がりと共に厳しくなっていく丁度いい歯応え。

ある程度ゲーム慣れしている人なら難易度「NORMAL」がぴったり。タワーディフェンス好きや主人公たちの厳しい状況を追体験したい人は「STRONG」、慣れていない人・バトルよりシナリオ重視で楽しみたい人は「CASUAL」がおすすめです。

十三機兵防衛圏「崩壊編」:難易度選択

シナリオの裏の裏まで読み解く「究明編」

「十三機兵」のストーリーは複数の時系列のできごとと、幾人ものキャラクターの思惑が交錯していて、かなり多層的なものとなっています。その重厚なストーリーを整理し補うのが、残るひとつのモード「究明編」です。

「究明編」は、一言でいえば情報アーカイブ。ゲーム中で登場した用語や物語についての情報を読むことができるモードです。

「Event Archive」では作中で起きた事件が時系列順に整理され、「Mystery Files」では人物や小道具、用語についての詳細が記載されています。

十三機兵防衛圏:「究明編」
Mystery Filesは重要〜瑣末なものまで網羅。ゲーム進行により追加される

過去の事件の詳細や、キャラクターごとの物語を読むだけでは微妙につながらなかった謎の最後の1ピースをプレイヤー自身で読み解いて、物語を整理していく。この仕掛けこそが「十三機兵」の持つ独特のゲームプレイ体験、プレイヤーそれぞれにしか味わえないカタルシスにつながっています。

緻密な立体パズルのような物語。できれば前情報ナシで。

発売から4年が経った「十三機兵防衛圏」ですが、いまだに群像劇作品の完成度のとしてはトップクラスの名作。時間と空間、過去と未来、さまざまな人の思惑が交錯するシナリオは圧巻の一言です。

一つ難点を挙げると、ゲーム終盤の「崩壊編」で戦闘が激化した時の処理の重さがネックなのですが、それを差し引きしても大幅なおつりが出るくらい、唯一無二のゲーム体験が味わえます。

未プレイの方はぜひ、既にプレイ済みの方も、これを気にまた遊んでみてはいかがでしょうか。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング